浪人大学生の独り言

自分の趣味(音楽など)、大学の勉強等について発信していこうと思っています!

大学生によるipad勉強法のすすめ

みなさんこんにちは!

今日は、自分もいつも行なっているipadでの勉強法を経験談をもとにお話ししていきたいと思います!

 

大学生のみならず、受験を控えてる高校生や、多くの参考書を持ち歩きたくない、資格取得を目指している人にもipadでの勉強法はオススメです!

 

色々なブログ等でipad勉強法は紹介されているので、ここでは端的に必要なもの、方法を書いていこうと思います。

 

最低限必要なもの

1.ipad

2.ページを管理するアプリ(Goodnotes)

3.icloudの容量

 

あったほうがはかどるもの

1.スキャナー

2.Apple pencil

3.保存するアプリ(evernote)

ひとつひとつ紹介させていただきます!

 

 

最低限必要なもの

1.ipad

 

これは、さすがに必須アイテムです。

ipad以外のタブレット端末でも良いのですが、特にiphoneのかたはipadをオススメします。

やはり互換性がとてもいいのはストレスフリーですからね!

 

容量とモデルですが、僕はiPad第6世代の128GBを使用しています。ipadのモデルは、特にこだわらなくていいと思いますが、ノートとして利用したいと思うなら、miniは小さ過ぎるのでオススメしません。それ以外なら全然問題は無いと思います。

お金に余裕がある人はproをオススメします笑

やはり高性能のものはいいですからね笑

 

容量は128GBを使っていますが、実際ほぼ内部のストレージを使わずに、後述するクラウドサービスを利用しているので、あまり気にする必要はないのかなと思います。

 

結論としては、iPad mini以外ならどれでも大丈夫です!

 

 

2.ページを管理するアプリ

 

これは、さまざまな種類があるので選ぶのが難しいところだと思いますが、自分が使っているのはGoodnotesというアプリです。

 

 

このアプリは、ノートを書いたり、pdfファイルを見たりすることができます。

自分の使い方としては、科目ごとにファイルを作って、その中に教科書のデータをいれています。また、小さな月ごとのファイルを何個も作って、授業のプリントやノートをまとめています。

 

これは欠かせないアプリです!

 

 

3.iCloudの容量

 

アプリにノートをどんどんと入れていくと、当然内部ストレージを圧迫していきます。

良いiPadを買って、めちゃめちゃ容量があるなら必要ありませんが、そうではない人は購入する必要があります。

アプリの保存先をiCloudにしておくと、内部のストレージを圧迫することもありませんし、iphoneからもアプリの内容をチェックすることができて便利です!

自分は月額130円を払って50GBを契約しているのですが、取り敢えずこれで間に合っています!

 

月額130円なら全然良い選択だと思います!

一本ジュースを我慢すれば払えるのですから…笑笑

 

ここまでが、最低限必要なものです!

次に、あった方が捗るものを紹介していきたいと思います!

 

 

あったほうがはかどるもの

1.スキャナー

 

スキャナーがあると、授業でもらった紙やノートなどをすぐにiPadの中に入れられることができて便利です!

スキャナーを買うまでは、scanableというカメラでスキャンできるアプリを使っていたのですが、やはり、何枚も撮る必要がある時は面倒くさいです。

面倒になってしまうと、ipadにデータを入れること自体がめんどくさくなって、結局紙媒体を使って勉強している…なんてことになるのでスキャナーを買うのはオススメです!

 

自分はScansnap ix1500というスキャナーを使っているのですが、これは本当にオススメです!

WiFiに対応しているので、データのスキャンからiPadへの取り込みがワンタップで行うことができます!

簡単なほうがいいですもんね笑笑

 

2.Apple pencil

 

これは、ノートをiPadで取らない人は必要ありません。

ですが、あるとなにかと便利だと思います笑

取り込んだスライドにGoodnotesで書き込んだりすることも可能になります!

 

ちなみに、iPadの種類ごとに使えるApple pencilが違ってくるので、購入する時は注意が必要です!

 

3.保存するアプリ(evernote)

 

Goodnotesとicloudで1年分くらいはフルで使っても大丈夫なのですが、それ以上だと、iCloudの容量をアップするか、保存する外部のクラウドサービスを使う必要があります。

僕はevernoteというアプリを使っているのですが、なぜiCloudの容量を増やさなかったかというと、これには少し理由があります。

 

外部のクラウドサービスに預ければ、どのデバイスからもアクセスできるほか、もしiCloudに不具合が起きたとしても安心だからです。

リスク回避としてevernoteを使っています!

 

Goodnotesでは、短期的に必要なものも保存していき、すぐに取り出せるようにして、なかなか見ない過去のファイルはevernoteに保存するということをしています。

 

evernoteには有料版と無料版がありますが、その違いは大きなものとして、1ヶ月にアップロードできる容量に違いがあります。

無料版では全く使い物にならないほどの容量しか使えないので、ある程度Goodnotesに溜まってきたら、プレミアム会員になる(月額600円かかりますが)のがオススメです!

 

有料会員になると月に10GBまでアップロードできるので、充分すぎるほどです!

 

 

 

以上、長くなりましたが、iPadでの僕の勉強法を紹介させていただきました!

 

大学生にはもちろんオススメなのですが、参考書をたくさん持ち歩かなければいけない高校生も、参考書を電子化すると便利で楽かと思います!

 

少しでも楽に、効率よく勉強頑張りましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!