浪人大学生の独り言

自分の趣味(音楽など)、大学の勉強等について発信していこうと思っています!

The Reytons-絶対に流行るUKロックバンド

最近よく聞いてるオススメのバンドを紹介します!!

 

The Reytons 

イギリス、シェフィールドにて結成された4人組ロックバンド

 

メンバーは

Jonny Yerrell - Vocals
Joe O'Brien - Lead Guitar
Lee Holland - Bass Guitar
Jamie Todd - Drums

 

で構成される4人組です!

 

シェフィールドということでピンときた方もいらっしゃると思いますが、かの有名なロックバンドArctic Monkeysと同じ出身地というこのバンド!

 

音楽性も非常に似ていて、特に、Arctic Monkeysの1st、2ndアルバムあたりが好きな人には絶対にハマるバンドかと思われます!

 

 

1stアルバムWhatever People Say I Am, That's What I'm Notから

 

I Bet You Look Good on the Dancefloor

 

2ndアルバムFavourite Worst Nightmareから

 

Brianstorm

 

The Reytonsは、初期Arctic Monkeysのようなギターリフを繰り返し、そこにキャッチーな、また捲し立てるようなボーカルが特徴的なバンドです!

 

ギターの音もガチガチに歪んでるようなロックでなく、軽く歪ませたクランチのような音色を歯切れの良いサウンドで鳴らしていてとても心地が良いです!

 

僕は、Arctic Monkeysや、The Sherlocksのようなバンドが好きで、そのようなジャンルの音楽を探していたのでドンピシャでした!

 

今のところ、本国のイギリスでのライブが多く、なかなか見られる機会がなく残念なところもありますが…

 

また、現時点では(2019年10月現在)アルバムも出しておらず、リリースしている曲も少なく、これから追って行こうと思ってる方もまだまだ間に合います!笑笑

 

ここで、僕がハマったThe Reytonsの曲を何曲か紹介していきたいと思います!

 

まずは一曲目!

 

Wide Eyes And Halos

 

この曲、実はApple musicのあなたへのオススメで出てきたのがきっかけで聴き始めました笑

Apple musicに感謝です笑笑

 

はじめて聴いた時に、最初のギターリフで「あ、この曲好きだわ」ってわかりました笑

 

そのリフをサビまで繰り返し、それに乗せて少し字余りでも怒涛の歌詞を詰め込んでいくボーカル。これがたまらないのです。

 

サビになるととてもキャッチーで覚えやすく、また、一緒に歌いたくなるようなメロディーが炸裂します。それにボーカルの声もいい!!

 

初めてこのバンドを聴くならこれって感じでオススメできる一曲です!

 

二曲目!

 

Reckless

 

これも、とても疾走感のある曲でとても大好きです!!

 

ギターとベースが同じリフを奏で、またその上に乗せる怒涛のボーカル!

サビに向かう高揚感あふれるメロディからサビに突入すると、盛り上がりは最高潮!

 

サビは大きい会場で合唱したら最高だろうなって感じです!

 

YouTubeに上がってるミュージックビデオもまだまだたくさんあるわけではありませんが

 

だからこそ!

初期のうちから成長過程を知れて、また、これから絶対に大きくなっていくバンドなので、新作を楽しむ過程もあって良いと思います!

 

新しいUKロックバンドを探してる方、初期Arctic Monkeysのようなガレージバンドを探してる方、必聴です!

 

早く来日してくれると嬉しいです!

その時は絶対にライブ行きたいと思います!

 

是非一度聴いてみてください!!

 

最後までご覧頂きありがとうございました!